フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ■それでもF1は続いていく。 | トップページ | ■つくづくホンダは勝ち運がない。 »

2008年12月15日 (月)

■ブリアトーレというと。

何度も何度も辞めるだの辞めないだのと言っていながら、なかなか辞めないブリアトーレ。元々はベネトンの出向社員みたいなカタチでF1に関わったにもかかわらず、こんなに長くF1界に居座るとは……。まさか本人も思ってもいなかったろう。

それにしても、ブリアトーレはすごい。F1とは無関係の世界からやってきて、二人のチャンピオンを見いだすなんて大したものだ。シューマッハーをジョーダンからかっさらってきた手際の良さは図抜けていた。手段を選ばないという感じだった。

でも、その後あっさりとシューマッハーを手放してしまったあたり、あのときはチャンピオンドライバーの価値を認識し切れていなかったのかもしれない。それが証拠に、アロンソに対するあの執着心はどうだ。特に今シーズンなど、いかに機嫌をとり、残留させるかありとあらゆる手を尽くしているという感じだった。

そのブリアトーレが、今回2010年に辞めると発言したとか。でも、今度ばかりは本当かもしれない。もちろん理由はアロンソのフェラーリ入り。いくら豪腕ブリアトーレでも、三人目のチャンピオンを見いだすのは至難の業とわかっているのだろう。シューマッハーをフェラーリに奪われてからアロンソを見いだすまで、どれほどの時間を耐え抜いてきたことか…。またチャンピオンをフェラーリに奪われて苦しい思いをするのはまっぴらと思っても無理もない。それに彼も年齢が年齢だ。三人目を見つける時間はまず残ってない。

おまけに今回、自分はイタリア人なんだからフェラーリを応援する気持がある、なんて言っている。

気になる点があるとしたら、むしろブリアトーレじゃなくて、ブリアトーレとアロンソを一気に失う(かもしれない)ルノーチーム。チームごと撤退というシナリオは、もしかしたらあるかもしれない。

banner2.gif
!人気ブログランキングに投票お願いします!

« ■それでもF1は続いていく。 | トップページ | ■つくづくホンダは勝ち運がない。 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ブリアトーレというと。:

« ■それでもF1は続いていく。 | トップページ | ■つくづくホンダは勝ち運がない。 »