フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ

2008年12月

2008年12月22日 (月)

■最初からリチャーズにしておけば良かったのに

デビット・リチャーズのホンダ引き継ぎ間近か? というニュースが流れている。
リチャーズはホンダ撤退当初から名前が挙がっていた買い手のひとりだけに、買収をねらっているというのはやっぱり本当なんだろう。

でも結果論ではあるけど、結局リチャーズの手に渡るのなら、ずっとリチャーズが続けていれば良かったのに、と思ってしまう。ホンダがBARからチームを買い取るまでは、リチャーズがチームを率いていたのだ。その後の代表はあのニック・フライ。正直、フライだったらリチャーズの方がよほど良い成績を残せたのではないかと思ってしまう。

もっとも、リチャーズ側からしたら、ホンダの傘の下でレースをするよりも自分のチームとして指揮をふるった方が良いのは明らか。シメシメ、というところだろうか。

誰が引き継ぐにしても、ぜひ、ホンダチームが2009年に向けてどんな遺産を残していたのか、見せてほしいと思う。

2008年12月21日 (日)

■つくづくホンダは勝ち運がない。

ホンダの撤退は実に惜しい。せっかく2008シーズンを捨てて、開発力の全てを2009シーズンに注ぎ込んだというのに。ロス・ブラウンは「我々は勝てるマシンを手にしていたと信じている」と言ったそうだけど、それも決してウソではないだろう。それなりに勝算はあったはずだ。

そんなこれからという時期に、F1活動を続けられなくなるとは。

でも、この「来年は勝てる!」という時期の撤退は、ホンダにとって初めてではない。第一期参戦時の撤退の時もそうだ。ドライバーのジョン・サーティースも、監督の中村良夫も、スタッフも、みんな来年こそは勝てると信じていた。そんな中でも撤退。

撤退の一因には、経済的な問題や、環境問題に対応するエンジンの開発などがあったと思った。考えてみると、今回の撤退と同じような感じだ。

これからという時に、同じような理由でやむを得ず撤退。つくづく勝ち運のないチームだと思ってしまう。
エンジン供給だけにしておいた方が良かったのかもしれない。

2008年12月15日 (月)

■ブリアトーレというと。

何度も何度も辞めるだの辞めないだのと言っていながら、なかなか辞めないブリアトーレ。元々はベネトンの出向社員みたいなカタチでF1に関わったにもかかわらず、こんなに長くF1界に居座るとは……。まさか本人も思ってもいなかったろう。

それにしても、ブリアトーレはすごい。F1とは無関係の世界からやってきて、二人のチャンピオンを見いだすなんて大したものだ。シューマッハーをジョーダンからかっさらってきた手際の良さは図抜けていた。手段を選ばないという感じだった。

でも、その後あっさりとシューマッハーを手放してしまったあたり、あのときはチャンピオンドライバーの価値を認識し切れていなかったのかもしれない。それが証拠に、アロンソに対するあの執着心はどうだ。特に今シーズンなど、いかに機嫌をとり、残留させるかありとあらゆる手を尽くしているという感じだった。

そのブリアトーレが、今回2010年に辞めると発言したとか。でも、今度ばかりは本当かもしれない。もちろん理由はアロンソのフェラーリ入り。いくら豪腕ブリアトーレでも、三人目のチャンピオンを見いだすのは至難の業とわかっているのだろう。シューマッハーをフェラーリに奪われてからアロンソを見いだすまで、どれほどの時間を耐え抜いてきたことか…。またチャンピオンをフェラーリに奪われて苦しい思いをするのはまっぴらと思っても無理もない。それに彼も年齢が年齢だ。三人目を見つける時間はまず残ってない。

おまけに今回、自分はイタリア人なんだからフェラーリを応援する気持がある、なんて言っている。

気になる点があるとしたら、むしろブリアトーレじゃなくて、ブリアトーレとアロンソを一気に失う(かもしれない)ルノーチーム。チームごと撤退というシナリオは、もしかしたらあるかもしれない。

banner2.gif
!人気ブログランキングに投票お願いします!

2008年12月12日 (金)

■それでもF1は続いていく。

F1界の重鎮バーニー・エクレストン氏がホンダの撤退を評して

「悪い経費支出の見本」

とは、至極名言。激しく同意してしまう。

ホンダ・ショックもやっと薄れてきたけど、やっぱりホンダのいないF1というのはつまらない。冬のテストのニュースを読んでも今ひとつ盛り上がらない。特に中国に住んでいると、日本を身近に感じられる機会はそう多くはない。そんな中で、ホンダF1のニュースは数少ない日本を意識させてくれるものだっただけに、いや本当にガッカリ。来年は活躍してくれそうだっただけに、もっとガッカリだ。

もっとも、アイルトン・セナが死んだ時だって結局はF1は続いてきた。ホンダが撤退したってF1は何事もなく続いていくだろう。
ホンダは第二期参戦時には、テレメトリーシステムやレースディスタンスのテストの導入など、現代F1の模範を作った。
第三期は、悪しき模範を打ち立てた。

いやまあ、見事なまでのダメダメぶりだったなぁ、とつくづく残念。

2008年12月 5日 (金)

■ホンダには覚悟が欠けていた。

ロス・ブラウンを獲得し、他チームに先駆けて来期用KERSシステムを開発し、08年の開発を捨てて全チーム力を09年に向けて注ぎ込んでおきながら、なんというていたらく!!

もちろん、ホンダF1撤退のことだ。

金融危機と経営悪化が原因というけど、条件は他チームも同じ。結局のところ、原因は他のところにあると思う。表面的には、その原因は慢心だ。F1が金食い虫なのはわかっているはずなのに、スポンサーを探さずにアースドリームなんていう愚かなことを行ってきた。そのツケが回ってきたのだ。これは、ホンダファンのみならず、F1ファンなら誰もが心配していた点だと思う。本当にスポンサーを持たずにチーム運営などしていけるのか? 答えはやっぱりノーだった。

でも真の問題は、スポンサーのあるなしではない。

長期参戦の意識が、本当にこのチームにあったのだろうか。という点だ。

チーム運営に必要な莫大な資金をどこから安定的にもってくるか、これは大きな問題だ。第二期ホンダはエンジンしか作っていなかったにもかかわらず、経営上の問題から撤退せざるを得なくなった(彼らは一度経済的な理由から失敗しているのだ!)。しかも今回はチームとしての参戦なのだから、当然のことながら第二期以上に資金が必要なのはわかっていたはずだ。わかっていたはずなのに、何ら手を打たなかった。

この状況を放置できたのは、やはり、はじめから長期的なF1参戦の意識が欠如していたからかもしれない。以前、確かモズレーだったと思うけど、「都合が悪くなったらさっさと撤退してしまう自動車メーカーにF1の未来はゆだねられない」との発言があった。残念ながら、まさにその通りであることをホンダは実証してしまった。第二期は初犯だったけど、今回は再犯。責任は実に重い。

これによって、ホンダはF1サーカスの一員としての資格を失ったといっていいと思う。結局、ホンダはF1のメンバーではなかった。自らお客さんであることを選んだのだ。

こうして考えると、あのホンダでさえF1というものに対してその程度の認識しかなかったのか、と実にショックを覚える。資金難に陥りながらも参戦を続け、再び黄金時代を築き上げたフェラーリとの覚悟の違いを感じさせられる。

そう、ホンダには覚悟が欠けていた。
第三期参戦で目立った成績をあげられなかったのも、やっぱり覚悟のなさが理由だったのだろう。

« 2008年1月 | トップページ