フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ■琢磨のスピードが落ちてきているような気がする。 | トップページ | ■テスト制限でドライバー構成は変わるか? »

2007年12月29日 (土)

■勝利を譲ったドライバーにタイトルはあるか?


ワールドチャンピオンになるには、他人を踏み台にするほどのエゴがないといけない。アイルトン・セナが初タイトルを獲得したマンセルに語った言葉がそれを証明している。やっぱり、嫌な奴でないとタイトルは獲れないのだろう。

そう考えると、勝利を譲ったドライバーの未来ってどんなものだろうと考えてしまう。例えばバリチェロ。結局、譲らざるをえないドライバーだった。例えばフィジケラ。今ではチャンピオン予備軍と呼ばれたことを覚えている人もいないだろう。例えばアーバイン。惜しいところまでいったけど結局チャンスをつかめなかった。詳しくは忘れてしまったけど、そういえばベルガーもセナに譲ったような気がする。

タイトル決定後ならともかく、タイトルが決まる前に、明らかに譲らされたということがわかってしまったドライバーというのは、どうもタイトルを獲れないような気がする。

それに引き替え、91年のセナは意地汚かった。タイトル決定後のレース。これまでのサポートを感謝して最後はベルガーに勝利を譲ったのだけど、誰が見ても「本当はオレが勝利に相応しいんだけど、しかたねえから譲ってやるよ! オラ!」という嫌々な雰囲気があからさまだった。

やっぱり、チャンピオンになるには意地汚いくらい勝利を渇望していないと無理なんじゃないだろうか。

その点、シューマッハーに勝利を譲り、ライコネンに勝利を譲りしたマッサに、タイトル獲得の可能性なんてあるんだろうか。

ハミルトンなんて、初めのうちはアロンソのサポートに回っていたのか知らないけど、途中からはチャンピオン相手に喧嘩を売っていたくらいなのに。

本館にも遊びに来てね!


« ■琢磨のスピードが落ちてきているような気がする。 | トップページ | ■テスト制限でドライバー構成は変わるか? »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■勝利を譲ったドライバーにタイトルはあるか?:

« ■琢磨のスピードが落ちてきているような気がする。 | トップページ | ■テスト制限でドライバー構成は変わるか? »